RIOT

代わりに以下のソフトウェアはいかがですか?

画質の劣化を抑えて画像のファイルサイズを減らすことができる無料の画像圧縮ソフト

RIOT(Radical Image Optimization Tool、ライオット)は、画像(写真)のファイルサイズを減らして軽量化できる無料の画像圧縮ソフトです。画像データを圧縮すると解像度が粗くなったり奥行き感がなくなったりクオリティが低下しますが、RIOTは画質の劣化をできるかぎり抑えてファイルサイズを減らすことができるのが特徴です。求めるファイルサイズを指定して圧縮できるほか圧縮後の画質を見比べて画像サイズを指定することもできますので、求めるファイルサイズと画質を両立した画像データを作成できます。プレゼンテーションの資料内の画像サイズを落としたいときやメールなどで写真ファイルを添付するときなど、クオリティを維持しながらファイルサイズを落としたいというときに役立ちます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 簡単に画像(写真)のファイルサイズを低減できる画像圧縮ソフト
  • 画質劣化を抑えながらファイル低減可能
  • 変換前と後を見比べながら処理が決められる

反対票

  • 画像の編集作業はできない
  • 画像ファイルのサイズが大きいと動作が遅くなる

良い
7

RIOT(Radical Image Optimization Tool、ライオット)は、画像(写真)のファイルサイズを減らして軽量化できる無料の画像圧縮ソフトです。画像データを圧縮すると解像度が粗くなったり奥行き感がなくなったりクオリティが低下しますが、RIOTは画質の劣化をできるかぎり抑えてファイルサイズを減らすことができるのが特徴です。求めるファイルサイズを指定して圧縮できるほか圧縮後の画質を見比べて画像サイズを指定することもできますので、求めるファイルサイズと画質を両立した画像データを作成できます。プレゼンテーションの資料内の画像サイズを落としたいときやメールなどで写真ファイルを添付するときなど、クオリティを維持しながらファイルサイズを落としたいというときに役立ちます。

RIOTは画像圧縮に特化した非常にシンプルなソフトウェアで使い方も簡単です。メニューの「Open」でファイルサイズを減らしたい画像を選択し呼び出します。メイン画面には変換前の画像と変換後の画像が左右に表示されます。画面下の「Quality」でメニューバーをスライドさせ画質とファイルサイズを見ながら調節したり、「Compress to size」で圧縮後のファイルサイズを決めたら、あとは「SAVE」で保存すると圧縮ファイルを作成できます。圧縮後のファイルはJPEG、GIF、PNG形式で記録できます。画像圧縮のサイズを任意で設定できるほか不必要なデータから圧縮を行いますので画質への影響を出来る限り抑えられることが魅力です。

RIOTはシンプルな画像圧縮ソフトですが、切り抜きや様々な編集作業を組み合わせて画像サイズを落とすことなどはできません。また画像ファイルサイズが大きい場合は作業が遅くなる時があります。編集作業を利用して画像サイズを低減する場合はAdobe PhotoShopGIMPPhotoScapeなどを利用するといいでしょう。またGIMPIrfanViewXnViewなどについてはプラグインとして使用することも可能です。

RIOTは画質の劣化を抑えて画像データのサイズを低減できる画像圧縮ソフトです。

RIOTは以下の形式に対応しています

JPG, BMP, GIF, JP2, PNG, TGA, TIFF, PSD, PCD, PXC, PPM, PBM, RAS, ICO, MNG, WBMP, XBM, XPM, HDR, SGI

— 写真 —